現代で専業主婦は可能か?

現代で専業主婦は可能か?

今の時代、年収が300万円以下という男性が少なくありません。

結果的に、結婚しても女性は仕事を続けるという選択を取らざるを得ないということにもなっています。

結婚するかどうかの分かれ目も、300万を境に変わってくるとも言われています。

しかし、この時代でも専業主婦をしている方はいらっしゃいます。

年輩ではなくとも、若くして専業主婦という生き方を選んでいる人もいるのです。

専業主婦というのはどのようなイメージでしょうか?

意外と楽なイメージに取っている人が多いのではないでしょうか?

私は専業主婦ではありませんが、主婦の仕事自体が楽だと思えません。

なんでも力仕事だし、真剣に取り組んだらヘトヘトになるものだからです。

それは外で働くよりもヘトヘトになるものです。

やったことがないからなんとも言えませんが、専業にしてしまったらまず手抜きが許されません。

そもそも、その考え自体が甘いのだと思いますが、専業主婦って大変なのです。

旦那様より早く起きて、朝食を作ります。

場合によってはお弁当が必要な場合もあるでしょう。

掃除は掃除機だけでは済まされません。

水拭き・乾拭きや風呂掃除をし、洗濯物を干しましょう。

自分の昼食は軽く済ませるとしても、買い物やら調理やら夜の準備が必要です。

真剣に料理をすると、料理にも時間が掛かります。

子どもがいたらおやつ作りも必要になるでしょう。

そんな事をしているうちに洗濯物を取り込む時間がやってきて、あっという間に日が暮れて行きます。

日中は宅配便やらご近所との煩わしい付き合いもあります。

予測できない事態は常に起こります。

旦那様は仕事が終わったら寛ぎタイムに入りますが、専業主婦は寝るまで仕事があります。

寝るのも旦那様より後です。

文字だけだと余裕だと思われるかもしれませんが、意外と時間に余裕はないものです。

こんなに手の込んだことをする人はいないと思いますよね?

でも、これが本来の専業主婦のあり方だと思います。

いつの間にか専業主婦という生き方は廃れ、短くてもパートをする主婦が増えたので、手抜きという考え方が生まれました。

仮に4時間の仕事だったとしても、それに主婦の仕事を合せると休まるところがありません。

だからと言って、男性に手伝ってもらうとなると亀裂が入ります。

家事分担制の家を見ていると、旦那様はお付き合いを断ってまで子育てや家事に協力的です。

そういう家庭は大抵収入が少ないお宅です。

少ない収入でも、奥様が手抜きをせずに真剣に専業主婦という職を全うするというのであれば、300万円以下の時代でも十分成り立つ生き方だと思います。

ただ、「それは面倒だ!」「手抜きしたい!」と思うのであれば、専業主婦は不可能でしょう。

保健師

一人息子

一緒にヨガを習っている仲間で、高校生の息子さんを持つ方がいらっしゃいます。

「私、なかなか子離れができなくて」

とおっしゃる彼女。

一人っ子である息子さんが可愛くて仕方がないそうです。

高校生ともなれば、家族よりも友達、母親よりも恋人……とかそんな感じになりそうですが……。

さらには、ろくに母親とは口もきいてくれなくなったりする男の子も珍しくないと思うのですが……。

彼女のお宅では、そのようなことはまったくナシ。

本当に親子でよく会話するそうです。

一緒に食事に行くことはもちろん、一緒に映画を観に行ったり、旅行にも行ったり。

「いいなぁ。うちの息子ときたら、部活だの塾だので忙しくて家にも寄りつかないし、メシ風呂寝るくらいしか会話ないよ」

同じくらいの息子さんを持つ他のお母さんがしきりに羨ましがっていました。

どちらかといえば、こういう息子さんのほうが世間には多いと思うのですけれど。

しかし、一人息子が可愛くて仕方がない、というのはよくわかります。

男の子って、母親にとってはものすごく可愛いものなのです。

小さいころはもちろんのこと、ある程度大きくなってからでも、もちろん成人してからでも。

私には娘と息子の両方がいますが、正直なところ、「可愛さの種類」が違うのですね。

女の子はある程度の年齢まで大きくなると、急に母親に対してシビアなことを言ったり批判的な目で見たりするものです。

女同士って、それがたとえ親子であっても本当に容赦ないのです。

ところが、男の子にとっては、母親はいつまでも「お母さん」。

どんなに突っ張っていても、お母さんはお母さんでしかないのです。

私が疲れているときに、

「お母さん、だいじょうぶ?」

と言ってくれるのは息子。

「お母さんとお風呂に入る」「お母さんと一緒に寝る」

と言ってくれるのも息子。

もっと小さいころは、

「お母さんとけっこんしてあげる」

と言われていました。さすがに今となっては、結婚は無理だと理解しているので、

「お母さんとけっこんしてあげられなくてごめんね」

と言われていますが。

母親のハートにドストライクで球を投げ込んでくるのは男の子なのです。

さて、くだんの彼女ですが、今いちばん心配なことは、

「息子に好きな人ができて、見向きもされなくなったらどうしよう……」

笑えるような、それでいて他人事みたいにハハハと笑えない自分がそこにいます(汗)。